物販で稼ぐコツ

ネットビジネスの中国輸入にはどんなやり方があるのか比較検証してみた

更新日:

ネットビジネスの2大巨頭と言われるものは、

アフィリエイトと物販です。

 

アフィリエイトについては以下の記事で解説しているので、

そちらの記事をご覧下さい。

アフィリエイトの仕組みを理解して初心者でも稼げるようになる方法

物販は、再現性が高いです。

そして収益が発生するのが早いです。

しかし黒字化するのは時間がかかります。

 

しのカラクリは、安く仕入れて高く売るという原始的なビジネスモデルです。

だから、誰でも再現できます。

 

仕入れた物が売れたら利益が発生します。

だからモチベーションも保ち易いです。

 

でも、ちまちまと売っていても数百円の利益にしかなりません。

最悪の場合は、国際送料が思いの他、高くなったり、

キャンセルになって赤字になる場合もあります。

 

そして大きい利益になる前にトラブルが続いて辞めていく人が多いです。

一口に物販と言っても多くの種類があります。

 

この記事では、よく聞く「物販」の中から

中国輸入について解説していきたいと思います。

 

1:中国輸入

王道中の王道です。

そして、これが1番シンプルかつ成功し易いと思います。

 

中国は日本より物価が安いです。

中国から安く仕入れて日本のアマゾンや楽天で販売します。

 

仕入れ元は、中国の「タオバオ」や「アリババ」というサイトです。

これらは中国版の楽天だとイメージしてもらって大丈夫です。

 

中国人のパートナーに買い付けをしてもらって、

日本に発送して貰うという段取りになります。

 

販売先であるプラットフォームはQoo10でもヤフーでも、どこでも構わないのですが、

結局、アマゾンが1番安定して売れます。

 

僕自身、いろんなプラットフォームを試しましたが、

やはりアマゾンが1番優秀な企業であるという事です。

 

その分、ライバルもたくさんいますが、

まずはアマゾンで販売して利益が安定してきたら楽天など、

他のプラットフォームにも展開していく事をオススメします。

 

アマゾンで売れるようになってくると、

楽天から「うちでも販売しませんか?」というメールがくるようになります。

 

中国輸入の中でも、いくつかの手法があります。

 

 

無在庫販売

これは商品ページは作成しますが在庫は持ちません。

お客さんからの注文が入ってから仕入れを行います。

 

だから元手が少ない人でも始め易い手法です。

しかし、商品を届けるのが遅くなってしまうので、

その分、お客様からのクレームなども増えてしまいます。

 

相乗り出品

これは、誰かが出品してる商品が物凄い売れていたとします。

という事は、他の人が出品しても売れるはずです。

 

アマゾンでは、1商品1カタログを推奨しています。

なので、同じ商品を売る場合は、相乗りして販売してもokなのです。

これが相乗り出品というものです。

 

みなさん、本を購入するときに、

たくさんの店舗が出品してるのを見た事があると思います。

 

たくさんの店舗の中から、安くて状態のいい本を選んで購入してるはずです。

あれは全て相乗り出品です。

 

相乗り出品のメリットは、すでに誰かが商品ページを作っています。

さらに売れるページへと育ててくれています。

そこに相乗りするので作業量が少なくて済みます。

 

しかし、ライバルが多すぎる上に、価格競争にも巻き込まれるので、

売り上げを安定させるためには、大量出品しないといけないです。

結局、作業量が増えてしまうことになります。

 

OEM生産

OEMとは、Original Equipment Manufacturingの略です。

簡単に言うと、自分でデザインや設計をして、

工場に発注しオリジナル商品を作って貰うということです。

 

物販プレイヤーの目指すべき場所だと言えます。

売れるオリジナル商品を作ってしまえば、アマゾンでも楽天でもヤフーでも、

どこに出しても売れていきます。

 

そして、オリジナル商品なので独占販売ができます。

誰にも邪魔されることなく、ただ追加発注をするだけの状態になります。

 

こうなると本当に何もしなくていいようになります。

ただオリジナル商品を作って、テスト販売して、商品を改善して、

商品ページを修正して、また仕入れてと時間がかかります。

 

1つの商品をOEMして利益が出て安定する軌道に載せるまで、

だいたい3ヶ月から6ヶ月はみておいた方が良いでしょう。

 

デメリットは時間がかかるという事と、ある程度の資金力が必要です。

ただし2000円未満の商品なら20万ぐらいからでもスタートできます。

 

時間が掛かってもいいという人はOEMに取り組むのがオススメです。

 

まとめ

どの手法を実践してもやり続ければ必ず成果は上がります。

早く売り上げを立てたいなら「相乗り出品」がおすすめです。

元手となる資金が少ない人は「無在庫販売」がおすすめです。

時間的な余裕もあって資金力もある人は「OEM」がおすすめです。

 

どの道からやっていっても構わないのですが、

最終的に利益率がよく安定させ、なおかつ爆発力もあるのはOEMです。

 

OEMして売れる商品が10個もあれば、

月収は100万以上は簡単に超えていきます。

 

OEMした時の利益率は30%前後になるはずなので、

月収100万を目指すなら月商300万です。

月収300万を目指すなら月商900万です。

 

これぐらいは個人レベルで、十分、達成可能な範疇です。

文章を書いたりするのが苦手な人はアフィリエイトよりも、

物販の方が向いていると思います。

 

どの手法から始めるにしても軍資金は必要です。

まずは手っ取り早くポイントサイトで貯めていきましょう。

 

今、1番おすすめのポイントサイトはモッピー です。

こちらの記事に登録方法をまとめています。

是非、参考にしてみてください。

初心者でも5分で終わるモッピーの登録方法


-物販で稼ぐコツ
-, , ,

Copyright© 副業アドベンチャー , 2019 All Rights Reserved.