お金が貯まる節約術

おすすめのキャッシュレス決済はどれ?各業者を比較してまとめてみた

投稿日:

近年現金を使わないキャッシュレス決済が急速に普及し、支払いの定番になりつつあります。これからこの傾向はますます強まると言われ、キャッシュレス決済に参入する業者も増えてきました。

でも多くの業者が次々に登場してきてどこが良いのか迷いませんか?そこでキャッシュレス決済を行っている業者をまとめ、比較しました。それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解して、自分にぴったりのキャッシュレス業者を見つけましょう。

 

各業者のメリット・デメリット

 

PayPay

https://paypay.ne.jp/

2018年にサービスを開始したばかりのPayPayはソフトバンクとヤフーが出資者となって設立された合弁会社です。

メリット

登録が簡単

スマートフォン1つあれば簡単に会員登録でき、Yahoo!JAPANのIDがあれば最短1分で登録が完了する手軽さが魅力です。

 

セキュリティが高い

PayPayでは生体認証機能があり、アプリで指紋認証・顔認証を行えます。スマホ1つで決済できる分スマホを紛失した時の不正利用が心配ですが、生体認証があれば安心です。

デメリット

対応店舗が少ない

サービスが始まったばかりということもあり、PayPayに対応している企業は多くありません。毎月対応店舗が増えていくので今後に期待です。

 

他の支払い方法と併用不可

PayPay残高は他の支払い方法との併用ができません。PayPay残高から足が出た分をクレジットカードで支払う、といった方法が使えないので残高には注意が必要です。

 

LINE Pay

コミュニケーションアプリの定番、LINEが展開するLINE PayはLINE株式会社が提供しているサービスです。

 

メリット

オンラインでもオフラインでも支払いできる

LINE Storeやグルーポンなどオンラインショップでの利用の他にローソンやサンドラッグなどのリアル店舗での支払いにも対応しています。オンライン、オフラインの両方で使えるのは大きな魅力です。

 

便利な送金機能

Line Payには送金機能があり、LINEのトーク上で友達にお金を送れます。ちょっとしたお礼や立替をしてもらった時に便利です。割勘機能もあり、こちらもLINEのトークでやり取りが可能。誰が払ったか履歴も残るので回収し損ねることもありません。

 

デメリット

LINEアプリが必要

LINE Payそのものはカードがあれば使えますが、残高確認や利用履歴の確認をするにはLINEアプリが必要です。LINE Payを使っていてLINEアプリを使っていない方の方が珍しいかもしれませんが、注意しましょう。

 

不正使用への補償が薄い

LINE Payでは不正使用された場合30日以内の申告で10万円以内で補償を受けられます。ただし問い合わせがメールかアプリのフリートークでしかできず、オペレーターなど人と直接話してのサポートが受けられません。被害を受けて焦っている時には少し不安に感じてしまうかもしれませんね。

 

Origami Pay

「お金、決済、商いの未来を創造する」というミッションの下、株式会社Origamiが運営しているキャッシュレス決済の会社です。

 

メリット

独自のキャンペーンが豊富

Origami Payでは決済額に応じてポイント還元される仕組みはありません。店舗ごとに独自の割引キャンペーンを導入しており、期間中に対象店舗を使うとお得に買い物ができます。アプリのダウンロード、支払い情報の登録でローソンで無料ドリンクがもらえるキャンペーンなども行っています。

 

セキュリティに力を入れている

Origami Payではクレジットカード情報を安全に取り扱うことを定めた国際的なセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠しています。また、不正使用されることがないか支払い状況を随時監視しているので安心して利用できます。

 

デメリット

知名度が低い

Origami Payのスタートは2016年とまだ発展途上のサービスのため、加盟店が少ないです。加盟店で使おうとしても店員がOrigami Payを知らなかった、といったこともあるそうでスムーズに使えるようになるにはもう少し時間が掛かりそうです。

使えるクレジットカードが少ない

今のところOrigami Payで使えるカードはVISA、MasterCard、セゾン発行のAmerican Express、JCBのみとなっています。日本ではJCBの利用者も多いのでセゾン発行に限定されるのは少し不便ですね。

 

PayPal

シンガポール法人のPayPal は1998年に設立された会社でアメリカなど海外でも広く普及しています。

 

メリット

安全にクレジットカードを利用できる

PayPal はクレジットカード、デビットカード、銀行口座をアカウントに登録すればログインするだけで簡単に支払いができます。対象の店舗のサイトで決済する際にPayPal を選択すればサイト側にカード情報や銀行口座を教える必要はありません。

 

加盟店が多い

海外で普及していることもあり、使えるお店は世界で1,800万店以上あります。様々なサービスや商品に対応しているので非常に便利です。

 

買い手保護制度

オンラインショッピングで支払いをしたのに商品が届かなかった、注文したのと違う商品が届いた、デジタルコンテンツのダウンロードが上手くいかなかったという経験はありませんか?そんな時PayPal では一定の条件を満たせば支払った金額が保護される、「買い手保護制度」があります。180日以内に手続きをするようにしましょう。

 

デメリット

アカウントの乗っ取り

PayPal はカード情報などをサイト側に伝える必要がなく、PayPal にログインするだけで支払いが行えるメリットがあります。つまり裏を返せばアカウントを乗っ取られると誰でも支払えるということです。PayPal では24時間365日モニタリングをしているので被害に遭う可能性は低いかもしれませんが、リスクがあることは覚えておきましょう。

 

国内で使えるサイトが少ない

シンガポール法人ということもあり、使えるお店は外資系が多い印象です。日本国内通販サイトやサービスで使えるお店がもっと増えればより便利になるのではないでしょうか。

 

Google Pay

世界的テクノロジー企業、Googleが展開しているキャッシュレス決済サービスです。

 

メリット

電子マネーをまとめられる

Google PayはSuica、nanaco、楽天Edy、WAON、Quic Payの5つの電子マネーを全て集約して管理することができます。Tポイント、dポイントにも対応しているのでポイントカードもまとめられます。残高の管理や特典、キャンペーンなどの情報をまとめて表示できるので非常に便利です。

 

インターネットでの支払いに対応

Google Payは各電子マネーに対応する全てのお店で利用できるので、リアル店舗だけでなくインターネット・アプリ上での決済も可能です。もちろんGoogle playやChromeなどGoogleサービスでの利用もできます。

 

デメリット

機種変更時に残高を引き継げない

Google Payの各電子マネーの残高は機種変更した場合、引き継ぐことができません。電子マネーを移行しなければならず、手間が掛かります。

 

知名度がイマイチ

日本ではiPhoneユーザーが多いということもあり、知名度がイマイチです。Google Payならではという特色がないので敢えてGoogleペイを使おうという方が少ないのかもしれません。とは言え、今後サービスが拡大する可能性もあるので要注目です。

 

Apple Pay

リンゴのマークでお馴染みのAppleが提供するサービスです。

 

メリット

Apple製品が財布代わりになる

iPhone7以降のiPhoneやApple Watch Series2以降のApple WatchでSuicaによる交通機関の利用や買い物ができるのでカードを落とす心配がありません。iPhone1つあれば移動から買い物まで気軽にできるので便利です。

 

紛失しても使用を止められる

全てをApple Payで行えるのは魅力ですが、万一iPhoneなどを落としてしまったら悪用されないか心配ですよね。「iPhoneを探す」機能を使って紛失モードにすれば一時的に使用を止めることができます。iCloudからカードを遠隔操作で削除することもできるので、万一の時も安心です。

 

デメリット

iPhone7、Apple Watch Series2以降でないと使えない

iPhone7、Apple Watch Series2以前のシリーズを使っている方はApple Payが使えません。どんなに便利な機能も使えなければ意味がないので、どうしても使いたい方は買い替えるしかなさそうです。

 

バッテリーが無くなる可能性がある

Apple Payを使って電車に乗っている途中でバッテリーが切れた場合、改札で引っ掛かる可能性があります。改札が通れなければ現金で支払うしかないので万一のために現金は持ち歩いていた方が良いでしょう。リスクを考えるとAppleが謳っている「お財布代わり」として完全に信頼するのは難しいかもしれません。

 

Amazon Pay

大手ECサイト、Amazonもキャッシュレス決済に対応しています。

 

メリット

Amazonアカウントを持っていれば簡単に使える

キャッシュレス決済を始めるには会員登録が必要ですが、Amazonアカウントを持っていれば面倒な入力は省略できます。更にインターネットで買い物をする時も個人情報やカード情報の入力などの手間がありますよね。Amazon Payを利用して、「Amazonアカウントでお支払い」を選択すれば情報を入力する必要はありません。最短2クリックで購入でき、サイトのアカウントが無くてもOKです。

 

高いセキュリティ

Amazonは世界中で使われているECサイトなので、セキュリティ対策もしっかり行われています。データ通信を暗号化するSSLの後継である最新のTLS1.2規格に対応しているのです。クレジットカード情報が購入サイトに渡ることはないので安心して買い物ができます。

 

デメリット

ポイントが貯まらない

Amazon Payを利用して買い物をしてもポイントは付きません。もともとAmazonはポイント還元を大々的に行っていませんが、ポイントを貯めたい方は注意が必要です。

 

クレジットカード以外は使えない

Amazon Payを利用する場合自動的にクレジットカード払いになってしまい、他の選択肢はありません。電子マネーや銀行振り込みなど他の支払い方が選べないのはデメリットと言えます。

 

楽天ペイ

インターネットサービスを展開する楽天もキャッシュレス決済に参入しています。

 

メリット

ポイントが貯まりやすい

楽天ペイでは楽天会員は200円ごとの決済で1ポイント、更にクレジットカードを楽天カードにした場合100円で1ポイントが還元されます。クレジットカードのポイント還元と合わせてポイントの二重取りが可能です。

 

スマホに縛られない

Apple PayやGooglePayだと恩恵を受けられるのはAppleユーザー、Andoroidユーザーのどちらかということになりますが、楽天ペイはそのような縛りがありません。多くのスマホで使えるのが魅力です。

 

デメリット

使えるお店が少ない

ローソンやAOKIなど全国展開しているお店もあるものの、一部の地域でサービスを展開している加盟店が多い印象です。使える場所が限られてしまうので、もう少し全国チェーンのお店が増えれば便利になりそうです。

 

通信費が掛かる

楽天ペイでの支払いには通信費が発生します。そのため支払いの度に通信費を負担しなければならないこと、通信環境が悪いと楽天ペイが使えないことに注意が必要です。

 

おすすめのキャッシュレス決済は?

ここまで色々なキャッシュレス決済の業者と特徴についてご紹介してきましたが、結局どれが良いのでしょうか?私がおすすめしたいのは「PayPal」です。PayPal は1998年にキャッシュレス決済サービスを始めている老舗企業と言えます。

20年以上続けてきたノウハウを活かしたセキュリティや独自の制度で安心して買い物ができます。利用できる店舗やサービスが多いのも魅力です。万人向けのサービス対応なので、キャッシュレス決済に慣れていない方にも使いやすいのではないでしょうか。

 

まとめ

キャッシュレス業者のまとめ、いかがでしたか?それぞれのサービスに違った特徴・メリットがあるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。加盟店が多いことや買い手保護制度、セキュリティ対策面からPayPalをおすすめとして挙げましたが、もちろん他の業者にもそれぞれメリットがあります。

普段の自分のライフスタイルやお金の遣い方に合わせて業者を使い分けるのも良いでしょう。上手に使えば現金で支払うよりずっとお得に買い物ができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


-お金が貯まる節約術
-, ,

Copyright© 副業アドベンチャー , 2019 All Rights Reserved.